2011年08月26日

pushd考察 その2

さて、今日もafxpushdについて考察する。
今日v0.1.0を使ってみてみたが、なんか使いにくい。

というのも、メニューから期待するフォルダの組み合わせを見つけるのが
とっても大変で時間がかかってしまう。
じゃあどうすれば・・・???

目標は、「AとBのフォルダの組み合わせと、CとDのフォルダの組み合わせをサクサク切り替える」
だったはずだ。

なーんて考えていたら、vimのレジスタライクな登録・ペーストがよいのでは?とふと思った。
というわけで、次のように扱えるようにafxpushdとafxpopd(新規)を拡張してみますか・・・

(使い方)
・左がA右がBの状態で、SHIFT-1を押す。→ メニューの1項目目にA-Bをpush。
・左がC右がDの状態で、SHIFT-2を押す。→ メニューの2項目目にC-Dをpush。
・1を押す。→ 左がA右がBになる
・2を押す。→ 左がC右がDになる。
・1または2を押すだけでサクサクきりかわる〜わーい(嬉しい顔)
※要はSHIFT-数字で登録、数字でjumpだね。

問題があるとすれば、頻繁に行き来している状態なら1,2に何を割り当てているか覚えているけど、
しばらくするとわすれることかな。
でも、そんなときはTを押してメニューをだせばOK!

かるく使ってみたけどいい感じやん。

とりあえず、考察終わり。

afxpushd_v0.1.1.zipに最新のafxpushdとafxpopdが入っています。
使い方などは*.txtを参照のこと。

ああ、やってもうた。
メニュー番号指定登録がバグってました。
afxpushd.mnuが存在しない状態、もしくはafxpushd.mnuが4行以下の場合に
きちんと登録ができなくなってました。

→ afxpushd_v0.1.2.zipで修正

ドンマイ!
タグ:afxpushd afxpopd
posted by yura.tomo at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | あふ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
>■あふw関連ツール相関図
              +---------ffftp.exe(AE)
              | +-------sakura.exe(ORG)
              | | +-----*.exe(ORG)
 +------------afxswitch.exe 
 | +----------afxpdf.vbs
 | | +--------afxvim.exe --- gvim.exe(ORG)
 | | | +------afxyzzy.exe -- xyzzy.exe(AE)
 | | | | +----afxckw.exe --- ckw.exe(AE)
 | | | | | +--afxfazzy.exe - afxfazzy?.mnu
 | | | | | | +afxtail.exe
+------------+afxexec.exe   - afxandroid
|   afxw.exe |-amksc.exe(ORG)
+------------+afxmatrix.vbs
|| | | | | | +afxdmask.exe
|| | | | | +--afx2ch.exe --- 2ch
|| | | | +----afxbkmk.exe
|| | | +------afxclock.exe
|| | +--------afxfind.exe
|| |+---------afxpushd.exe
|| +----------afxbrws.exe
|+------------afxmake.exe
|             | | +-----VisualStudio9
|             | +-------WDK7.1
|             +---------...
+-------------afxftp32.dll

 ※AE: Afxwer's Editionの略
 ※ORG: Original版
 ※yuratomo使用中のもの。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。